レーザー脱毛って?

レーザー脱毛とは、黒や茶色に吸収される波長のレーザーを非不に照射し、毛や毛根にダメージを与え脱毛する方法です。
1996年から始まった方法で、その効果は絶大です。
女性男性問わず、現在ではこのレーザー脱毛で、永久脱毛している人は多いのです。
このレーザー脱毛の仕組みはというと、レーザーを照射することで、毛を育てる毛母細胞をその熱で破壊します。
この毛母細胞を破壊することで、再度毛が生えてこないようにするわけです。
しばらくは毛穴の中に毛は残りますが、最終的には抜け落ちていきます。
ただし、これは複数回行う必要があります。
実際照射の際影響を与える皮膚の外ででている毛は15から20%程です。
その為、脱毛率もそれに準じてしまいます。
レーザーの照射を最低5回以上、10回位照射することで、効果を発揮していきます。
その為一回くらいでは実感が難しいです。
注意点として、このレーザーは黒い色素に反応し、熱を持たせる仕組みになっています。
その為、過度の日焼けをしていたり、皮膚の色が濃い黒人などには向かない方法です。
日本人は黄色人種ですので、問題ありません。
このレーザーの使用は基本的に医療機関限定とされています。
エステなどで実施のレーザー脱毛は基本的に医療レーザー脱毛ですね。
脱毛できる部位は全身に及び、痛みは少なく早く広範囲に施術可能です。
費用は数万から数十万と高額ですが、その期間やストレスを考えれば割安な感じになる場合が多いです。
その為、行う人も多い脱毛なのです。
脱毛ワックス2ch