プロバイダ契約はインターネットを利用するなら絶対必要です

インターネットを利用するには、プロバイダの利用無しではあり得ません。
プロバイダはインターネットという通信網に入るための「IPアドレス」を割り当ててくれる業者で、このIPアドレスはプロバイダのサーバーにアクセスしなければ割り当ててもらえません。
江戸時代に例えて言い換えると、プロバイダはインターネットという世界へ入る関所でIPアドレスが通行手形と言った感じです。
つまり、NTTなどの回線業者と契約するということは、関所の前までの道を通る許可をもらったということだけなので、関所を通る許可は別にもらわなければならにということなのです。
関所を通過するためのは、事前にお金を払って手形を発行してもらう必要があるのです。
プロバイダ料金は通行税というところでしょうか?
SoftBankの白ロムって使える?MVNOサービス対応状況