引っ越した先が光回線しか使えない時には乗り換える必要があります

あまり知られていないワイモバイルの場合、解約する際にかかる解約金を低料金にしたり、契約の期間を短くしたりしてお試し期間を利用するようにすれば、契約する数が増えていくかと思います。
値段に魅力を感じても、1年以上の契約の期間があっては、契約になかなか踏み出せないものです。
家を移ったら、引越し先の住まいがフレッツ光の回線しか繋がっていませんでした。
今までの間使ったいた通信会社を連続して契約したかったのですが、他に選択の道がなく、契約を交わしました。
ひと月ひと月のことなので以前の倍の値段の負担が辛いです。
今のプロバイダから別のプロバイダに換えてキャンペーンでキャッシュバックをもらえました。
新しいプロバイダの回線速度も早く、サクサクと思い通りに動いてくれるので、特に不便さを感じることもなく、乗り換えることにしてよかったなという思いを抱いています。
お得な特典がついている期間だったら、プロバイダの変更に踏み切ってみるのもいいと思います。
早くなければいけない光回線が安定しない根拠の一つとして、光回線は、隣近所の住宅やマンションの中などで回線を分けているので、通信量が多い住人がいる場所では遅くなるケースがあります。
例えば週末だったり夜だったり決まった時間帯に特に遅くなり、不安定な場合はこの可能性があります。

光インターネットのプロバイダの選び方は?【キャンペーン&価格比較】